スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

田舎っぺは誰だ?

2007/03/22 Thu 01:14

どうぶつ福祉の会AWSの里親会で出会ったヒナ一家のおはなし。


今日はお彼岸。
実家へ行ってきました。


とーちゃんの生まれた家はここ!(・・・・・ってどこよ?)
20070322001942.jpg



そう!海!
千葉県の東の突端!(・・・・ってどこよ?)





20070322003712.jpg

らぶはなさんとこのはな小僧とおそろのリュック買っちゃった~♪





灯台ネタがでちゃ~黙っちゃいらせませんぜ!ボンのとーちゃん!
20070322004139.jpg

・・・すんません!・・・・パクりました。



本州最東端生まれのウチノさん(旦那です)に、常日頃疑問に思っていた事を聞いてみました。

私「例えば、今日の占いとかで『ラッキーな方角は東!今日は東の方へ行ってみましょう!』って言われたら、ここらへんの人はどこ行くの?」
ウ「・・・・・・」
私「海に入るしかないね!ぷぷぷっ」
ウ「・・・・・・」
私「あっ!みんなで漁に出ればいいんだ!」
ウ「・・・・・・」
私「東に行くと大漁!大漁!・・・・ぷぷっ」


    ・
    ・
    ・
  しばらくの間
    ・
    ・
    ・


ウ「・・・・おめぇ~の生まれたところは電車通ってねーだろっ・・・・」
私「あっ・・・・」
ウ「米どころ、米どころって言ってるけど、田んぼしかねーだろっ!」
私「・・・・・・」



こうして、幼稚園並みの「田舎者のののしり合い」は延々と続くのでした。




20070322005221.jpg

ハナ「とーちゃん、かーちゃん!目くそ、鼻くそですよ」
ヒナ「仲良くしねーとダメだっぺ!」



そんなハナの生まれは、車一台通るのがようやっとの山奥の民家。
そんなヒナは茨城県生まれ。






我が家はみんな田舎っぺなのであった・・・・









banner_04.gif

e_03.gif

おかしな仲間 | コメント(12) | トラックバック(0)

雑種の主張

2007/03/17 Sat 12:14

どうぶつ福祉の会AWSの里親会で出会ったヒナ一家のおはなし。


今日は、ウチノさんの主張

ドッグランにいくとよく出る会話なんですが
ヒナは小さい事やおでこにシワがあることで
「犬種はなんですか?」と聞かれます。

ウチノさん「雑種なんですぅ~」(うちのヒナ可愛いでしょう?と自信満々)
尋ね人「そーなんですか・・・・・・・でも可愛い!」


はい!ここでウチノさんの怒りが爆発するんですね~


なんだよ!
「でも可愛い」って!
「でも・・・」ってなんだよ?



雑種が可愛いかったらマズイのかよ!

20070317124636.jpg




本人には言い返しませんが
私のところに戻ってきて、熱く語ります!
「言った人は、悪気はなかったんだと思うよ」となだめますが
確かに、雑種だと格下に見られる傾向はあるのかな?
どうしてなんだろう?
手に入れるとき、お金がかかってないから?
うう~ん、よくわからん。

20070317124729.jpg




以前、やっぱりドッグランで
ヒナを見ていた幼稚園くらいの女の子から
「犬種はなんですか?」
って聞かれて、ビックリした事がありました。

私の子供の頃なんざ
でっかい犬、小さい犬、黒い犬、白い犬、茶色の犬、ブチ・・・・
う~ん、今書いてみてたまげた!
この6種類くらいしかないみたい・・・頭悪い子みたいだ・・・


でも

どーして幼稚園の子が犬種を気にするの~?




先日、近所での散歩の途中で会った小学生低学年くらいの女の子ふたりの会話。
「○○ちゃんちの犬、可愛いね」
『うちの犬はコーギーなんだよ』
「じゃぁ、あの犬もコーギー?」 (ヒナを指差して)
『ううん、あれはタダの雑種』



今度は私が「ざっ、雑種で何が悪い!」
ウチノさん「まぁ、まぁ、まぁ・・・・」

    ・
    ・
    ・
    ・
    ・



ふふふっ、でもお嬢ちゃん!ちょっと読みが甘いな・・・
ヒナはタダの雑種ではなく、
20070317124921.jpg

変な雑種なんだな・・・・



でも、あるペットショップで犬を見ていた今風の若者のにーちゃんふたりの会話。
「オレ、こういうところで犬買いたいとは思わねぇ~」
『オレも!』
「犬飼うなら、保健所で貰ってくるよ!」
『だよなぁ~少しでも救ってやりてぇよなぁ~』


おお~茶髪の若者よ!
後ろで聞いていたおばちゃんは、すっごく嬉しかったよ!
君たちと熱い抱擁固い握手を交わしたかったよ!

20070317131838.jpg


あっ・・・迷惑?





でもね、純血種を絶やさない事も大切だと思うのです。
だから、きっかけはどーでもいいのよ!
最後まで愛情をもって幸せだったら・・・
命の重みはみ~んな一緒なのだ。





明日の日曜、AWSの柏の葉の譲渡会に遊びに行きます。
よかったら、みんなもAWSのワンニャンに会いに来てね!








おかしな仲間 | コメント(12) | トラックバック(0)

公園のおじさんたち

2007/03/13 Tue 23:25

どうぶつ福祉の会AWSの里親会で出会ったヒナ一家のおはなし。

日曜久しぶりに近所の公園へお散歩に行きました。
この公園には田舎のわりにいろんなワンコが集まって
とても楽しいのですが、
それよりもっと楽しいのが、飼い主ウォッチング!
もともと私は人間ウォッチングが大好きなもので、
ついつい観察しちゃうんですよね~

先日に会ったワンコ&飼い主さん
真っ白いバンビのようなピョンピョン跳ねる雑種のナナちゃん&おとーさん
このおとーさん・・・大地康雄さんみたいな顔してます。
背中に○○丸(漁船?)と刺繍でかいたジャンパー着てます。
黙っているとちょっと怖い。
ナナちゃんが他の犬とじゃれていて耳が切れて血だらけになってしまいました。
すると、おとーさん
「そんなの舐めときゃ治る!」
「まぁ~人間がチョット指切ったようなもんだ!」

さっすがー大地康雄!男だねぇ~!




でも・・・



ナナちゃんがちょっと他のワンコにちょっかいをだそうとしたら・・・・


「ナナァ~だめでしょぉ~そんなことしたらお尻ぺんぺんだからね~」

・・・ぷぷぷっ、「お尻ぺんぺん」だって・・・
20070314000103.jpg


どーしてワンコ相手だと、おっさんまでこんな風になっちゃうんでしょうね?



そして、おじさんつながりでもうひとり。
その公園で初めて会った秋田犬とおじさんのおはなし。
おじさん、輪島功一さんみたくほのぼのしてます。かなりなまってます。

私「お名前はなんていうんですか?」(ワンコのよ!おじさんの名前聞いてどーする!)
おじさん「ジジだぁ」
私「ジジちゃんっていうんですか?」
おじさん「いいや、ジジっていうんだぁ」
私「?????」(ひえぇぇぇ~ジジとしか聞こえない!誰か助けて~ヘルプミー!)

そこへ公園常連さん「リリちゃんて言うのよね~」
私(ほっ・・・助かった~)「リリちゃん、可愛い~」頭ナデナデ。

20070314000857.jpg

ヒナ!あんた、ひとの事言える顔じゃないでしょーが!



リリちゃんハナに向かって「ぐるるるぅ~」唸ってます。
おじさん「こいつが唸るのは見掛け倒しでよぉ~ただのあいさつだぁ~
このあいだもモモちゃん(コーギー)に怒られてよぉ、クークー鳴いて帰る帰るって言ってんだぁ~
本当は弱いんだぁ~」

聞くところによると
このリリちゃん(11歳)には同い年の秋田犬の旦那様いました。
本当に仲の良い夫婦だったそうです。
その仲の良さを見て

おじさん「オラもリリたちを見習わねばなぁ~と、ばあさんといつも話してただぁ」

ところが昨年、リリちゃんの旦那様が亡くなってしまいました。
リリちゃんは、毎日毎日「クークー、クークー」泣いていました。
おじさんはリリちゃんが泣くたびに
背中をトントンたたいてあげて一緒に寝ていたそうです。

ある日おじさんは、そんなリリちゃんを連れて公園へやってきました。
(今まで、公園なんて来たことがなかったそうです)
でもいろんなワンコや人にも馴染む事もない日々でした。
他人が頭を撫でてくれようとすると、さっと頭を避けます。

おじさん「人が手をだすとよけるから、おめぇはボクサーみてえだなぁ~って言ってんだぁ」

そんなリリちゃんですが、半年公園に通って少しずつみんなに馴れてきました。
頭ナデナデしても逃げません。
みんなの輪にも少しずつ入れるようになってきました。

でもなぜか、他のワンコたちが楽しそうに遊びだすと
「帰る帰る」と公園の出口に向かってしまうそうです。


やっぱり、まだ寂しいのかな?りりちゃん・・・・




そんなリリちゃんをみて、
我が家のハナヒナのずっと先のことを考えてしまいました。

20070314001137.jpg

考えたくないけれど、いつかはどちらかが先にいなくなっちゃうのよね・・・




大丈夫かな?ハナもヒナも・・・そして自分たちも・・・

ちょっと、鼻の奥がツーンとなりました。













おかしな仲間 | コメント(12) | トラックバック(0)
どうぶつ福祉の会AWSの里親会でであったヒナ一家のおはなし。



20070311141719.jpg




そーなんです!事件なんです!




20070311142313.jpg




そーなんです!ヘンタ・・・いえ!大変なんです!


昨日も、いつものように雪山にちょっくら行っていたのですが・・・・



そこでなんと!

20070311142613.jpg



そーなんです!ぶつけたのです!
私が借金して自分の給料で買ったショボショボの4WDの車を!
私が10年近く大切に乗ってきたショボショボの4WDの車を!
これがなかったらスノボーはしていなかっただろうと思われるショボショボの・・・


あぁぁぁ・・・


いやね、この車、何度か事故ったりしてますんで
ただ、ぶつけただけだったら、
私も
「ん~もう!ぼけ!」で済んだと思うんですよ・・・



ただ、ぶつける前のこの会話がなければね。
(再現フィルム、スタート!)

停めた車をバックさせようとしたウチノさん(旦那です)
あまりにも変な車の回し方をしたので
私が「こっち側にバックさせた方が出やすいんじゃない?」
とアドバイスしました。
すると
ウチノさん「いいんだよ!俺が運転してるんだから!!
と、いつになく強気に言い返してきました。

(そりゃぁ~助手席にのっている立場の私からはなんともいえないけど・・・)
黙ってることにしました。



数秒後。





ピー、ピー、ピー(バックをする時の音)






ドカッ




そこには電柱君が直立してました。




はぁぁぁ~~?(マチャマチャ風)
たった今、なんとおっしゃいました?えっ?
俺が運転してるんだから?いいんだとぉ?
それがこのザマですかぁぁぁ



私の怒り、おさまりません!

20070311150153.jpg




その後、焼肉を食べに行ったのですが(もう行く予定になっていたので)
そんな時に、焼肉はいけません!
いつもなら
「これ焼けたよ」とか「コレ食べていい?」とか和気あいあいの会話があるのですが
こっちは私のテリトリー!!!
私の焼いた肉をあんたになんか、ぜってー食べさせてたまるかっ!

って、険悪な雰囲気プンプン。
無言でもくもく肉を焼くふたり。
メラ~メラ~私の怒りの炎に、ウチノさんも焦げてやや縮んでました・・・・





教訓!
身内のアドバイスには耳を傾けましょう!
聞いて無駄な事はありません。





そして、冷戦はまだまだ続くのであった・・・・









おかしな仲間 | コメント(14) | トラックバック(0)

ナナちゃん情報

2007/01/08 Mon 11:56

どうぶつ福祉の会AWSの里親会で出会ったヒナ一家のおはなし。

お正月に実家に行った時のこと。
いや~出ました!出ました!ナナちゃん新情報。
ナナちゃんとは実家の10歳になる女の子の黒ラブのことです。

20070108234826.jpg


ナナちゃんは畑が大好き!
いつも爺じと畑へお出かけします。
なぜ畑が好きかって?

そりゃ~宝の山だから!


以下、ナナちゃん新着情報。
畑に植えてあったブロッコリー一株完食。
ほうれん草、一列完食。
大根の葉っぱ、一列完食。
ねっ?宝の山でしょう?

そして、お正月も世にも奇妙な出来事。
兄「2階にあったポテトチップ食べた?」
姉「えっ?私食べてないよ。未開封のはずだけど・・・」
兄「袋だけ床に落ちてたよ」
姉「え~っ?またナナぁ?」
兄「でも、カスがまったく落ちてないんだよなぁ~」

20070109000059.jpg

10歳になってもまだまだナナの食欲はおとる事を知りません。

でもこのナナちゃん、苦手なものが・・・
それは「犬」

実はナナは子犬の頃、
「ワクチン注射が済むまでは外に出さないで下さい」
という獣医さんの言うことを忠実に守られて、
世間知らずのお嬢様になってしまいました。
なので、自分は人間だと信じて疑いません。
だから「犬が嫌い」
だから一緒に住んでいるメグ(バーニーズ3歳の女の子)の事も苦手。

20070109001704.jpg

このメグの自分は「可愛い」思っている顔が憎たらしい・・・
目の開き方が不自然だわ!(ナナ談)




でもなぜか、ハナとは・・・・
20070109001914.jpg


一緒に繋いでも、一緒におやつをあげても平気。

ハナとは一緒にいてもナナは普通でいられます。

やっぱり、ハナちゃんは誰とも仲良くできる癒し犬です・・・・(^^)



あっ、あれっ?
ナナちゃんのお話だったのにハナの自慢話になっちゃいました。
わたくしとした事が・・・おーほっほっ!











おかしな仲間 | コメント(6) | トラックバック(0)

メグの災難

2006/11/15 Wed 23:31

どうぶつ福祉の会AWSの里親会で出会ったヒナ一家のおはなし。

今日は、実家のナナ(黒ラブ10歳)に続き、メグ(バーニーズ2歳)のおはなし。
megu.jpg




その前に登場人物、またもや爺じ(←実家のトラブルメーカー)
ちびまるこちゃんのお爺ちゃんとドクターコトーの泉谷しげるを
足して2で割ったらこんな感じだと最近気がついた・・・(まぁ共通点はハゲ?)

さてさてこの爺じ、犬の基準がこともあろうに「ナナ」らしい。
なので、犬っちゅーもんは何を食べても大丈夫!と思っているらしい。
畑でとれるものは体に良いので犬にも良い!と思っているらしい。



メグが来て1年が過ぎた夏、突然何も食べなくなってしまいました。
お盆だったため病院はお休み。ぐったりして何も食べません。
もともと、病院通いの多いメグだったので
「何か悪い病気があったの?」
「もうダメかも・・・」
みんな、どこかで何かを覚悟してました。

二日後にようやっと病院へ行くと
先生はレントゲンを撮ってくれ、急遽、手術をすることに・・・

お腹を切って何かを摘出したらしい。


「何が出てきたと思う?」と兄夫婦。

20061115224122.jpg




(ポリープ?悪性腫瘍か?・・・まさかね、人間じゃないんだから・・・)








「とうもろこし!ト・ウ・モ・ロ・コ・シの芯!


「はっ?」(今、なんとおっしゃいました?)



前回に引き続き目が点。



megu2.jpg



こうなったら、次は「いったい誰が?」です。

誰も口に出さないけど、問いたださないけど、もう犯人はひとりしかいません。
この事件にまったく触れない爺じ、なんか不自然だぞ!

数日してから私が爺じに話しかけました。
「メグ、トウモロコシの芯が詰まってたんだって?」

「とうもろこしったって、丸ごとじゃねえんだけど・・・・」
と、うっかりじーちゃん。


やっぱり、犯人はあんたかい!



20061116000433.jpg




よかったね!メグ!病気じゃなくて!
ん?なんか耳の毛がストレートで落ち武者みたい・・・
20061116000606.jpg




よい子のみなさん、危険なので爺じのマネをしてはいけません。
あっ!もちろんメグのマネもいけません!
って、誰もとうもろこし、芯ごと食べないか・・・(^^;










おかしな仲間 | コメント(9) | トラックバック(0)

らぶらど~るナナ

2006/11/11 Sat 11:59

どうぶつ福祉の会AWSの里親会で出会ったヒナ一家のおはなし。

私の実家には、兄夫婦が
ナナ(ラブラドール10歳くらい?)とメグ(バーニーズ2歳)という大型犬を室内で飼っています。

私の中で、ラブラドール=盲導犬=すっごく賢い、おとなしいと思っていました。
ナナと会うまではね・・・・
ナナ4



このナナが私のラブラドールのイメージをガラガラと音をたてて見事に崩してくれました。
ナナの起こした事件は数知れず・・・

小さい時は
タンスの取っ手をすべてかじって取ってしまったり・・・(今では取っ手が紐に・・・貧乏臭っ・・・)
玄関に体当たりしてガラスを割ってしまったり

大きくなっていろんなところに手が、いや口が届くようになると・・・
鍋の味噌汁、完食。
海苔一袋、完食。
食パン一斤、完食。
砂糖一袋(1㎏)、完食。(←さすがにこれは胸焼けして吐きました)
丸ごと野菜なんでもOK!
ゴミ箱大好き!

普段はゲージに居るはずのナナが
いきなり茶の間に入ってきた時は、
みんな一斉にコタツの上にある食べ物を持って立ち上がります。
第三者が見たらかなりおマヌケ・・・。


ナナは爺じと毎日、畑に散歩に行きます。
ある日、ヒナ一家も同行。
そこでは信じられない光景が~~~

ナナ2



ナナ1



爺じがきゅうりを1本丸ごとナナに投げると空中キャッ~チ!
(実際はおデブなので飛んでないけどね・・・・)
きゅうりは空中で真っ二つに!


目が点のヒナ一家。



ナナ3

畑で取れたてメロンも皮ごと食っちゃいました。





あっけにとられるヒナ一家。



でもラブラドールを母にもつハナは、共感するものがあるらしく・・・
ラブラドール1




ヒナ、大丈夫!ナナは犬が苦手なの・・・・



おかしな仲間 | コメント(6) | トラックバック(0)

不審者

2006/10/12 Thu 23:25

どうぶつ福祉の会AWSの里親会で出会ったヒナ一家のおはなし。

ここのところ忙しくて帰りが遅い私に代わって
夕方のハナヒナの散歩は息子がやってくれていました。

ところが今日は夕方遊びに行く予定があったらしく
バイトから帰った彼は
とりあえずオシッコだけさせようと
手ぶらでハナヒナをつれて、近所の駐車場になっている空き地に行きました。

しかーし、こともあろうに2匹とも○んこをしてしまった~

手ぶらでしかも時間がない彼がとった行動は・・・
仕事をしている私の携帯へ
「ハナヒナの○んこ、駐車場にしたまま片付けていないから」

「え~!!!私が○んこ拾いにいくの????」


(もう暗いし、いまさら○んこ拾いなんかしても見つけられないよ)
(イヤイヤ、あの駐車場でハナヒナが○んこして私が拾っているのを何度も近所の人に見られているし・・・誰かが○んこ踏んで、あの犬たちだ!とハナヒナを目の敵にされたら可哀想だし・・・)
(でもわざわざ暗闇の駐車場に拾いに行くのってどうよ?)
心の葛藤が~~~

でもしかし!
仕事から帰ってからの私のミッション「○んこ拾い」に決定!

ちょうど、タイミングよく帰ってきたウチノさん(旦那です)に
「○んこ拾いに行こう!」
と誘い、近所の空き地の駐車場へ・・・

2人で懐中電灯で地面を照らし、車と車の間を○んこ探し・・・
だいたいの場所は聞いてきたけど暗くて見つからない。

突然ウチノさんが
「ねぇ、俺らって不審者っぽくない?駐車場に不審者がいるって通報されたらどうする?」
「○んこ拾ってましたって言う」と私。
「犬も連れてないのに?」とウチノさん


「し、しまった~!
なぜハナヒナ連れてこなかったんだろう!?」


PICT0007.jpg



犬も連れていなくて○んこ拾ってましたなんて通用するわけが無い!
通報される前に何が何でも証拠のブツを拾わなければ!
なぜか、犯罪者の気分。焦るおバカ2人。

しばらくあちこち探す2人。


「あった~!!」○んこ、はっけ~ん!
NEC_0051.jpg




「う~ん、この大きさはヒナだな!」
今度は犯人をあばく金田一おじさんになりきるウチノさん。
結局、ハナのブツは見つからず
「ハナめ~、闇に葬りやがって・・・つぎはしっぽをつかんでやる」

PICT0191.jpg



こーして、ヒナの○んこ袋をぶら下げて帰るバカ2人であった・・・・








おかしな仲間 | コメント(10) | トラックバック(0)

笑いのツボ

2006/10/09 Mon 08:39

どうぶつ福祉の会AWSの里親会で出会ったヒナ一家のおはなし。

小心者の私は、毎日穏やかにに過ごすことが何よりの望み。
ハラハラドキドキが苦手で、そんな映画を見ると「くっ、苦じぃぃぃ~」となってしまいます。
ワールドカップやオリンピックのバレーやサッカー、スケート、柔道・・・
とにかくスポーツをハラハラ見るのも怖くて目をそらしてしまう非国民でして。
身内にテレビに出るようなスポーツ選手がいなくてヨカッタといつも思ってしまいます・・・

できれば、毎日へらへらと笑っていたいと思うのでありまして・・・
20061009000755.jpg


そんな私がついつい笑ってしまう好きな犬ブログがあります。
人気ブログなので私が知るより先にみんな知ってたと思いますが
羊の国のラブラドール絵日記
その中でも我が家でウケた超笑えるネタはこちら

これを読んで、いたく感動した我が家のウチノさん(旦那です)。


ここまで言うとだいたい想像はおつきかと思いますが・・・


そうです!これを日夜練習し始めたのでした。
「ちょっとちょっと指引っ張って~!」毎日毎日毎日毎日これを強要される。
せっかくの面白いネタもだんだんイライラの種になってきた頃・・・

「ちょっとちょっと早くきて~」とかなり慌ててウチノさんが私を呼びます。
しぶしぶ行くとウチノさんの前にはハナが座っていました。

なにか用ですか?とーちゃん。
hana.jpg


(なにかあったのかな?)と思う私。
「ねぇねぇ指引っ張って!」とウチノさん
「え゙ーーー!またかよっ!もう面白くないんですけど!」と私。
「ふ~ん、じゃぁいいよ・・・ハナお願い」とハナの前に手を出すウチノさん。
条件反射のようにウチノさんの手にハナがうっかり「お手」をした瞬間
「ぶう~~~っ」


「ぶわはは~っ」
(し、しまった不覚にも笑っちまった)



とうちゃん、そりゃねーぜ!
hina.jpg






コアラ師匠ではありませんが一番ウケているのは当の本人・・・

「これ、すごくない?すごくない?
タイミング外さないように我慢するの結構大変なんだよね~!
だんだんプロってきた!と思わね?」
(なんのプロよ?)




自分の旦那がこんなんでいいのだろうか?と思う今日この頃です・・・

PICT0014.jpg



とらみ姐さん、貴重なご意見ありがとうございました。


おかしな仲間 | コメント(8) | トラックバック(0)

おかしな仲間

2006/08/26 Sat 02:39

動物福祉の会AWSの里親会で出会ったヒナとその他大勢のお話。

このタイトル「ひなとおかしな仲間たち」で
真っ先に思いつく「おかしな仲間」それはジイジ(私の父)です。
血液型別性格判断のB型そのまんまの人物。(B型の方、怒らないで~)
動物が大好きと言うんだろうか?この人・・・
実家には私が生まれたときから犬猫数匹いつもいました。
だいたいがこのジイジの拾い者達。

母は動物が苦手。
ジイジはこの拾い者をするたび、母に怒られていました。

数十年前のある日も(年がばれる~~~^^;)
「止めてた車の中に勝手に入り込んでて、追い出しても追い出してもすぐまた入ってきちゃって・・・」と言いながら子猫を拾ってきました。
その時は私も
<そうだよねぇ~、こんな子猫がようやっと安心できそうな車の中に入ってきたんだから、追い出せないよね>
と思っていました、ついこの前まではね・・・

でも里親会で子猫を見て、私気づいちゃったんです。

こ~んな小さな子猫が車の運転席に自分から乗ってくるわけないじゃん!

あぁ~あの時、母は見抜いていたんだ!ジイジの嘘を!
「嘘ばっかり!!!」と怒っていたっけ・・・

このジイジ、感心するくらい深く考えることをしない。
このとおり怒られても怒られても懲りることもなく、
そして都合の悪いことをすぐ忘れてしまうという特技の持ち主。
おまけに大切なことを忘れている時も多々あり。

先日、実家にハナヒナ連れて遊びに行ったとき、
茶の間で一家団欒中、ジイジがハナヒナにお煎餅をあげていました。

それからかなり時間がたってから、
座っているハナの頭がだんだんうな垂れていくのが私の目の端に入りました。
ハナが元気がない・・・・どうした?



ん?ハナの前にお煎餅のかけらが・・・


「誰か、ハナにオスワリさせたまま待たせてない?」


ジイジがハッとして「忘れてた!」


そうなんです!話に夢中になってしまい、
お煎餅をハナの目の前に置いて、オスワリさせていたのをスッカリ忘れていたのでした。

そしてハゲ爺・・・・「いやぁ~偉いなぁ~こいつ」
・・・・話、すりかえてるし~~。



頼むよ爺さん・・・
PICT0240.jpg



ハナ命のヒナからも一言!
PICT0340.jpg




そして、現在も拾ってきた猫親子と一緒に、母に怒られながら暮らしています。


おかしな仲間 | コメント(2) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。