スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ありがとう!ナナ・・・

2010/01/19 Tue 22:43

先月の12月4日、ちょうどお昼休みに私の携帯が鳴った。
相手は兄でした。
滅多にかかってくることがない相手からの電話って
何だか嫌な予感。

父の病気が悪化か?再入院?
それとも健康そうな母が倒れた?

短時間にいろいろ想像する。

「もしもし」
恐る恐る電話に出た。

「あー俺だけど・・・ナナが今朝なくなったから」

「ええーーーー!!!」

まわりの目を気にする事もなく大声を出してしまった私。

「明日、火葬だから・・・場所は・・・・」
事務的に話す兄。
きっと兄も事務的に話すことで感情をおさえているのだろう。


そんなことお構いなしに
「なんで?なんで?なんで?」
私。




秋になってから息づかいが荒くなって
おかしいと病院に行ったら、心筋梗塞だった。

しかも最初に診てくれた若い先生は気が付かなかったらしい。

やっぱりおかしいと3日後
今度は院長先生を指名して診てもらったら
そして病名は「心筋梗塞」

それでも薬でなんとか、よくなってきていた。
亡くなる前の週は、外に出てトイレを済ませていた。
それが私が見たナナの最期。
誰もがナナはまだまだ大丈夫と思っていたし、回復すると思っていた。


ナナの最期は私にとって、あまりにも呆気なくて
すぐに実感が湧いてこなかった。


午後、仕事に就きながら、ナナの思い出が頭の中をグルグル。
涙があふれるのをこらえながらPCに向かう。
ふっ。。。と笑っちゃうようなことばかりだったな。


ナナがいたから、我が家はハナを飼おうと思ったし、
家の中で犬と暮らしたら楽しい事を教えてもらった。
そしてハナがいなかったら、ヒナもフクもいなかった。

我が家の犬ライフは、ナナがいなかったらなかったかも・・・。



夜、ナナに会いに実家に駆けつけた。

ナナは静かに寝ていた。
本当に寝ているようだった。
冷たいナナの頭を撫でる。
ただただ、涙があふれてしようがなかった。
メグはただ事ではないのを察したのか、遠巻きに見ていた。
兄や義姉のもとへ、ナナの訃報を聞いた友人から電話が鳴りっぱなしだった。
ナナの偉大さを改めて知った私でした。







翌日、火葬場へ

nana1001_2.jpg


ナナを家から運び出そうとしたら、メグは大騒ぎだったらしい。
やっぱり、何かを感じていたんだろうな。

火葬中、待合室でしんみり・・・・と思いきや
ナナの残したおバカな話に花が咲き、笑いが絶えなかった。
まったくもって、ナナらしい・・・

バナナ20本事件
砂糖1kg事件
味噌汁鍋1杯事件
天ぷら油鍋1杯事件
10円饅頭100個事件





いくらでも続く逸話、しかも食べ物ばかり・・・(爆)



今、実家に行くとメグがひとりでお留守番している。
もともと甘ったれのメグは
最近「不安分離症」になってしまったみたいで、
ひとり残されるが恐怖になってしまっている。
出かけるとき、兄たちはメグに気が付かれないように
裏口からこっそり出て行く毎日。



私達が思う以上に
メグにとってナナはなくてはならない存在だったんだろうね。

nana1001.jpg


ナナ、本当に本当に楽しい思い出ありがとう!

これからもメグを見守っててね。





ブログランキング参加中なの!

banner_04.gif


こっちもポチっとだっぺ

e_03.gif







スポンサーサイト
おかしな仲間 | コメント(5) | トラックバック(0)

ヒナさんは特別待遇

2010/01/11 Mon 23:05

今日、友達Aから共通の友達Bが最近変だと聞いた。

なんでも守護霊と話ができるようになったという・・・(ちょっとうさんくさい)

知人の守護霊と会話をして、うつ病を治したという・・・(かなりうさんくさい)

じゃぁ、
私の守護霊とも話をしてもらって
何か今後のアドバイスをもらえるかなと
ためしに会ってみた。


会った場所は某ファミレス。


うさんくさい動きをする友達B。


変な手の動きをする友達B。


人の目が気になる私と友達A。


このときファミレスを待ち合わせ場所にしたことを後悔する私とA。


まわりの視線に耐えながら


散々、


さんざん、


サンザン、



待たされたあげく言われた言葉が


「あなたの守護霊様は心を閉ざしておいでです。
 私には何も見えません。わかりません。」



とな・・・・(--;





その帰りに寄った本屋さんで占いの本を立ち読みしたら

「あなたは理解しがたい大変人」

とな・・・・(--;





・・・・・まっ、いいか・・・・(汗)




年末、足の具合が悪かったヒナは
病院の先生に薬の処方と
「足を冷やさないように」とアドバイスをもらいました。

なので夜は、ヒナだけ私と一緒に寝ています。


ザ、特別待遇。
hina100110 (1)





「いいでしょ~(^^)V」
hina100110.jpg




夜寝るのにヒナを2階の寝室に連れて行くとき
背後からハナとフクの視線が刺さるのです。


許してね・・・・







ブログランキング参加中なの!

banner_04.gif


こっちもポチっとだっぺ

e_03.gif


未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)

遅ればせながら・・・・

2010/01/09 Sat 22:44

新年明けましておめでとうございます。

スッカリご無沙汰のハナヒナです。

実は新年の目標としてブログをマメ書こう!と思ったのに
今年度第1回目が今頃・・・・

ものぐさ太郎の私です。


さてさてご無沙汰の我が家の3ワンズ、元気ですよ。
NEC_0003.jpg





年末はヒナの足の具合が良くなく、薬を飲んで痛みを和らげていました。
でも最近は「キャイン(痛い)」と泣く事もなく、元気です。
NEC_0001.jpg





ハナは相変わらず面倒見のいいお姉さんです。
どんな風に面倒見がいいかというと・・・これは後ほど。
NEC_0004.jpg





フクは相変わらず○○です。(さあこの○には何がはいるでしょうか?)
NEC_0006.jpg





今日はお天気が良かったので
実家の近くの川にお散歩に・・・・
NEC_0002_20100109223642.jpg


いろんなワンコと会ったフクは興奮気味。


急にスイッチONしちゃって
ハナとバタバタし始めた。

ひえぇぇ~
私の足は3ワンズのリードでグルグル巻き。
これじゃ動けまへん!
・・・と思ったとき


スポッ

急にひとつのリードが軽くなった。

あっ・・・

と思ったときは、首輪が抜けたフクははるか向こうに


キャッホ~!!ヨーロレヒ~!!

と言わんばかりに
浮かれて走り去って行く。


「こら~フク~来い!」
(まったく無視のフク)

「フクー!おいで!」
(おちょくるように近づいてきたフク)

捕まえようとすると逃げる。

イラッとする私。

私のイラッが伝わり、ビビるフク。

恐ろしくて私から1m以内に近づけないフク。

まわりの人から
「飼い犬をコントロールできない困った飼い主」
と見られているような気がして


私は余計にイラッ。


えぇ~い!最期の手段!

「じゃ~ね~フクちゃ~ん!ばいば~い!」
と言って
車の方に全速力で走る私とハナ&ヒナ。


焦ってついて来るフク。


ぷぷぷっ・・・まんまと引っかかってる・・・(爆)


車について急いで後ろのドアを開ける。

・・・と同時に飛び乗ったフクちゃん。
(ハナとヒナは乗りません)




「じゃ~ね~フクちゃ~ん!
  ひとりで車でお留守番頼むよ~。」





NEC_0005.jpg





私とハナとヒナは、もう少しだけお散歩を楽しむのでした。


チャンチャン。





ブログランキング参加中なの!

banner_04.gif


こっちもポチっとだっぺ

e_03.gif

日常 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。